aaa
令和2年5月18日
メディアとのつきあい方を学ぶ機会に
 
1人1台のPC(Chromebook)を借用し,全ての子どもに配付することを始め,ほとんどのご家庭に届きました。「クラスルーム」という「仮想の教室」を用意していますが,そこへ入ってきて早速活発に書き込みをしている子どもたちもいます。
 
1人1台のPCを配付してできることは,いろいろあります。ただし,日頃から子どもたちの「学習の道具」としてPCを活用できていない学校としての「反省」もあり,いっぺんに「オンライン授業」のような取り組みができるとは思っていません。まずは
  • 「自分の理解や関心に合わせて,ドリル教材を活用できるようにする」
  • 「クラスルームに入って,同じ学級の友達や先生とやり取りができるようにする」
ことからと思っています。その後,お互いの顔を見ながらやりとりするmeetというビデオ付き通話ができるようになれば,授業や朝の会の一部を担う取り組みができるとは考えています。今回の臨時休業期間だけでなく,万一今後新たな臨時休業期間が発生した際には,もっとスムーズに子どもと学校のやり取りができるようになるものと期待し,先を見越した「試み」という側面もあることをご理解ください。
 
ところで,今日こんなメッセージを,子どもから見える「クラスルーム」へ書きました。
 
4年生以上を中心に,クラスルームに入った人のうち何人かの人が,さかんに書きこみをしてくれています。元気にすごしていることがよくわかり,うれしいです。

人によって,書きこむスピードも,書きたいと思う気持ちもちがいます。だから,よく書く人がいい,書かない人はよくない,なんて思ってはいけません。いっしょに教室へいるわけではないので,それぞれの場所で,それぞれの家庭で,ようすもちがいます。どうか,自分が書いたらぜったいに返事が来る,と思わないようにしましょう。学校で顔を見ながら話をしているときは,ぜったいに返事がありますよね。だけど,この「クラスルーム」では,そうならない場合もあることを知っておきましょう。

先生たちも,質問にはできるだけ答えますが,そうじゃないこと一つ一つに返事はしません。そして,すぐに返事がかけないことも多いです。知っておいてください。

もう一つ,このクラスルームへ書きこむ時間も気になっています。
 〇午前8時~午後8時
の間に,というルールを作ることにしました。守りましょう。

同じ情報を見ても,感じ方は人ぞれぞれ違うものです。自分以外の人のたくさんの書き込みを見て,圧倒される場合もあるでしょう。でも,学級のメンバーしか参加しない「クラスルーム」でも,人によってふるまい方は様々なのですから,一般社会で広く利用されているSNSであれば,もっともっと大きな違いが現れます。それが悪い影響を与え怖い思いをするような場合もあります。今回子どもたちが利用している「クラスルーム」には,顔見知りしか入ってきません。だからこそ,一般社会のSNSに子どもたちが出ていく前の「練習」として,こういう比較的安全な場所で経験をさせることの意味は大きいと考えています。経験させることなく理由も説明せず「禁止」することは,教育的とは言えません。学校を取り巻く環境下で守られている子どもたちが,一般社会に出た途端にSNS等による負の影響を受けないためにも,学校教育の中で経験を通してメディアとのつきあい方を教える・考えさせることは,必ず先々で生きて働く力となります。本校の先生方もこういう機会を「生きた教材」ととらえて,指導に生かしていきます。PCを一斉配付した取り組みには,そのような意図も込められています。
 
ところで,保護者の皆様におたずねします。今回の臨時休業期間に限らず,子どもたちとメディアとのつきあい方に関する「家庭のルール」を決めていらっしゃるでしょうか。今回配付したPC(Chromebook)でお子様のG-Suite IDを使ってログインしていただくと,学校教育で活用できる一部のサイトにしか行くことができないように設定しています(あえて,別のアカウントでログインされた場合は,その限りではありませんが)。ですから,子どもがいわゆる有害情報に行き着く可能性は低いと思います(完璧ではありません。抜け穴のようなケースはあるかもしれませんので。)。一方で,「ゲームばかりずっとやっています。」という保護者の方のお声を耳にしました。
 
ゲームが有害だとは思いません。ただし,「やりすぎ」は健康のためによくないですね。違う話ですが,私も痩せようと思って「ある食品だけを大量に食べて他を食べないようなダイエット」をやろうとしたことがありますが,医療関係者から止められました。ある程度バランスよく食べ物は摂取する方が体のためにはよいようです。メディアとのつきあい方も,同じではないでしょうか。つまり,保護者の方とお子さんが相談して,よりよい「ゲームとのつきあい方」のルール(例えば,ゲームをする時間,〇分したら休憩をする,等を必要に応じて)を決め,それを実行すること。子どもはルールを守るとともに自分自身でコントロールできるようになること。…。こういう機会に,ご家庭で話し合いをしていただき,子どもにはよりよいメディアとのつきあい方を身に付けてもらいたいと考えています。
 
コロナ禍が影響を与え続けるであろうこの先を考えた時,今まで以上にICT環境を上手に活用することが求められる世の中になっていくことは明らかです。大人も子どもも,「これまでの当たり前」にとらわれず,成果を上げるためには「できる時に」「できることから」取り組んでいかなければなりません。ご家庭のメディア環境はそれぞれ全く違うものと思われますが,今貸し出しをしているPCを返却していただいた後にはどうするか,ということも見据えて,学校としては様々な対応を考えています。どうぞ引き続き,ご理解・ご協力の程,よろしくお願いいたします。