aaa
令和2年7月14日
特別授業「メディアと上手につきあうために」で伝えたいこと
 
 
今週,河野養護教諭といっしょに各教室を回り,「メディアと上手につきあうために」という授業を行っています。月曜日は,5・6年で実施しました。一週間かけて,すべての子どもたちといっしょにこのことについて考えます。
 
この取組を始めるきっかけは,複数の保護者の方からのご相談でした。「子どもがゲームを長時間していて心配です。」というものです。自宅で過ごす時間が増えて「浮き彫り」になったことと言えるかもしれません。でも,「コロナ禍」とは関係なく子どもたちの将来が心配される「見過ごせない問題」ですから,学校としてできることに精いっぱい取り組む必要があると考え,まずはこの授業から始めようと計画しました。
 
以下,学習内容や子どもたちの反応,そして保護者のみなさまへのお願いを要約して記します。
 
1 「メディアの特性」や「その場面に合ったメディアの選び方」を知ってほしい
 
私たちの身の回りにはたくさんのメディアがあり,それぞれ特性があります。その特性を知って活用しないと,上手なつきあい方はできません
 
授業では,身の回りのメディアを思い浮かべながら,「特性を知る・活かす」ことの大切さを確認しました。

 
2 メディアが生活に与える影響を知ってほしい
 
「ある商品のポスターを見ます。ズバリ,商品は何でしょう?」と投げかけ,左のポスターを提示しました(洗剤の写真部分は隠して)。すると,どこにも「洗剤」と書かれていないのに,ほとんどの子どもたちが「洗剤の宣伝だ」と気づきました。それはなぜでしょうか。

メディアが伝える情報は,私たちの生活に深く影響を与え,生活の中へ組み込まれています。きっとどこかで,このような絵柄のポスターや画面を見たことがあって,それが洗剤の宣伝だったという事実・経験があるのです。それはいわば無意識のうちに認識されたことです。このことに代表されるように,私たちはメディアが伝える情報を,無意識のうちに知ってしまっているということが,かなりあるということです。そのことを確かめました。

た,そんな知らず知らずのうちに影響を受けているメディアを長時間使うことで,「睡眠時間」「体力」「視力」「コミュニケーション能力」「考える力」「学力」を失う可能性があること,一度ハマると止められなくなるような「脳の変化」が生じる可能性があること等も確認しました。

3 安全な行動の仕方を知ってほしい
 
「ゲーム」に焦点を当てました。ゲームには年齢別レーティング制度に基づいたマークが表示されていること,なぜ年齢制限がされているかということ等を伝えました。このことは,多くの子どもが知りませんでした。「年齢制限を超えたゲームをすると,何が問題だと思いますか。」と問い,考えさせました。さらに,世界的に見て日本のこの制度は「かなり甘い」ということ,またPISA2018関連情報から「日本の子どもは勉強でデジタル機器は使わないけれど,遊びでは世界で最もよく使っている」ということも伝えました。子どもたちなりにショックを受けていました。
 
先生たちの心配,願い,保護者の人にも伝えたいこと等を話し,最後に「今日の学習で心に残ったこと」「これからの自分の生活に活かしたいこと」を書かせました。子どもたちは「心配なことを知ったので,メディアとのつきあい方には気を付けたい。」「ゲームを買うときに年齢制限を見ようと思う。」「夢中になっている人に,年齢制限のことを教えてあげたい。」等と書いていました。

4 保護者のみなさまへのお願い
 
4年生以下も今週中にはこの学習をします。メディアと上手につきあうとはどうすることか,子どもたちは授業の中で気づき,今後の取組に見通しを持ちます。本当に子どもたちがより良いメディアとのつきあい方をするためには,保護者のみなさまのご協力が必要です。
 
今,一番問題だと感じているのは,ゲーム利用についてです。特に,年齢制限が表示されているのに,全く気に留めずに15歳以上,17歳以上推奨のゲームをやっていること。これは教育上「ぜひとも改善させたい点」です。保護者のみなさまは,年齢制限マークをご存じでしょうか?日本では,制限を破ることが法律で禁止されているわけではありません。でも,だからと言ってそのことを気に留めないのは望ましくないと,みなさんご理解いただけるはずです。また,それぞれのゲームには「ペアレンタルコントロール」の設定機能があって,子ども向けに制限をかけて使わせることができます。せめて,そのことは実行していただきたいのです。
 
授業で取り扱った「長時間利用の問題点」「年齢制限を超えたゲーム利用の問題点」について,ご家庭でもぜひ話題にしてみてください。すべて将来ある子どもたちの「幸せ」のためです。学校の教職員も含めた大人の力で,子どもたちの健やかな成長を後押ししましょう!